雨漏り修理が頻繁に行なわれている場所

雨漏りと決めつけないで!実は別の現象かも

水道管やエアコンなどの排水管が故障していて、そこから水が漏れているのであれば、それは漏水です。この場合、水を使っていないのにメーターが動いていたり、水道代が高くなったりするので、確認してみると良いでしょう。また、普段の生活で発生する水蒸気が部屋の中と外の温度差で水になってしまうことを、結露といいます。屋根や外壁に雨漏りの原因となる箇所が無い場合は、結露を疑い、部屋の換気をよくするなどの工夫が必要です。

雨漏りが起こりやすい場所を把握しておこう

どんな建物でも、雨漏りする可能性があります。あらかじめ雨漏り被害の多い場所を知っておくことで、効果的な対策や工夫ができるでしょう。

屋根
屋根の雨漏りは、瓦がズレたり破損したりといった理由以外でも発生します。案外多いのが、屋根ルーフィングという防水シートの劣化や破損による影響です。それに加え瓦をはじめとした屋根材の劣化や棟瓦などの部分的なズレや破損があれば、さらに雨漏りの状況は深刻なものとなります。
ベランダ・バルコニー
ベランダやバルコニーといった場所の雨漏りは、外壁部分と床から発生することが多いです。雨水が外壁へ流れにくい構造となっているベランダもありますが、笠木部分のひび割れや浮きによって剥がれ落ちることもあり、それが原因で雨漏りになります。
窓やサッシ周辺も雨漏りが発生しやすい場所の一つです。当然これらの数が多いほど、家が雨漏りに見舞われる可能性が高くなります。サッシの歪みや外壁との間に僅かな隙間が生じていたり、サッシの枠を超えるくらい雨水が溜まったりすると、室内に雨水が入ってくるようになります。

このように、雨水は建物のいろんな箇所から侵入してくる可能性があるということを覚えておきましょう。雨漏りによる被害を防ぐためには、発生元となる箇所をあらかじめ把握しておき、そこを定期的にチェックしておくことが重要なのです。

TOPボタン